PRSのモデルと歴史をサクッとイッキ見!

Guitar

Fender、Gibsonに並ぶスタンダードなブランドであるPaul Reed Smith(PRS)、美しくオリジナリティに溢れるルックスはもちろん、高い演奏性により世界中で愛されるブランドです。PRSは創設者であるPaul Reed Smithによるこだわりと独創性により他のギターブランドにない魅力をもっており、歴史のあるブランドです。PRSには最高級の材料を用い、1本ずつのオーダーにより製作されるPrivate Stockから、学生でも手に入れられる低価格で、PRSの高品質が味わえるSE Seriesと様々なラインナップがありそれぞれの特徴を見ていきましょう。

1-Piece Curly Maple Topを採用したPrivate Stock Custom24

今だけの特別価格で買取強化中!必須項目はたったの3つ!

PRSの歴史

まずはPRSの歴史を見ていきましょう。
Paul Reed Smith氏は1975年から1984年にかけアナポリスのとある屋根裏部屋の工房でギターを製作していました。製作したギターは自身のライブで使用したり、地元のコンサート・ホールで出演するスターに自身で製作したギターを見せオーダーを受けていました。この頃に製作したギターは「Pre Factory」と呼ばれています。

PRSの始まりとPre Factoryについて

1984年にプロトタイプのギターをギター・ディーラーへ売り込みその際に初めての受注を30本受け、バージニア・アベニューの工房で15人にも満たない少人数で1985年にPRS Guitarsは設立されました。

1985年にPRSの代名詞でもある「CUSTOM」、オール・マホガニー・ギターの後にStandardと改称される「PRS」が登場し、1991年には「DRAGON」、1994年には「McCARTY」、そして1996年に最高級な木材を使用しオーダーにより製作される受注品である「Private Stock」が発表されるなど、様々なラインナップも持っています。

Standard 24 Brazilian Rosewood & Sweet Switch Black 1990

Gibson C/S、Fender C/Sを買取強化中!個人情報はメアドのみ!

PRSギターの特徴

PRSには様々なモデルがありますが一貫する特徴としては
・木目やインレイによる圧倒的な美しいルックス
・独自のディテールと独自のパーツによる安定したプレイアビリティ
・独自のピックアップによりハムバッカーながらコイルタップ時の美しいシングルコイルサウンド

とGibsonやFenderにはないオリジナリティがあり、プレイヤー目線での仕様が特徴的です。ピックアップも様々なモデルが存在しています。

PRSピックアップの各モデルの特徴や抵抗値

 

Experience Limited Prototype Paulʼs Guitar Faded Blue 2018

安心&スピーディーな買取手続きでます!キャンセルもすべて無料です!

PRSのグレードと特徴

PRSでは様々なモデルが存在しますが大きく分けて4つのグレードがあり、様々なモデルが生み出されています。

Private Stock

Private Stockは、PRSでも最高グレードのラインナップです。Private Stockならではの最高級の木材を使用し1本ずつのオーダーにより製作されます。ビルダー自身がプライベートで保有したいと思うほどに上質なものという意味でPrivate Stockと名付けられました。

PRS Private Stockについて

 

Private Stock 10th Anniversary Custom24 Aquamarine

Core Series

PRSではスタンダードラインであるCore Series。オプションでは美しい木目のみに与えられる「10Top」や、さらに厳選された木材を使用した「Artist Grade Wood Library」があります。

Custom 24 Floyd Rose Wood Library 10Top with FRT Yellow Tiger 2020

CE Series

1988年に誕生したCE Seriesは、ボルトオンジョイントを採用しています。Fenderで見られるようなボルトオン・ネックとメイプルネック特有の歯切れの良いサウンドが特徴です。

CE24 Satin Amber

S2 Series

Core Seriesと同じ工場にて製作されながらも、ボディトップのデザインと工程を見直すことで価格を抑えたグレードです。低価格ながらUSA工場で使用できる基準を満たした木材のみが使用されています。

S2 Custom24 Gray Black 2013

SE Series

2001年に登場した本モデルは、ギタリストSantanaからの「学生でも手にい入れられるギターを作りたい」の一声により実現したシリーズです。ボディやヘッドのアウトラインや、バードインレイはCore Seriesと同様のデザインを採用しながらも、海外で生産することで低価格を実現したモデルです。

SE Custom 24 Roasted Maple Limited Blue Matteo 2019

PRSの代表的なモデル

Custom

創立と同じ1985年に発表されたCustom24はPRSの代名詞であるモデルで美しいFiguredトップが特徴的なモデルです。24FモデルのCustom 24に加え、22FモデルのCustom 22が1993年に発表し、年代によって仕様がマイナーチェンジされており、現代に至るまでブラッシュアップされ続けています。

PRS Custom24について

Private Stock NAMM 2011 Custom 24 Honey Gold Burst 2010

McCarty

Gibson元社長であり、Lea Paulの開発で知られるギターレジェンドTheodore McCarty氏の名前を冠したモデルで1994年に発表されました。22フレットという短めのネックとストップテールピースブリッジを採用することでよりファットでよりビンテージなトーンが得られます。Custom22やCustom24よりもボディーが少し厚めになっている点をみるとよりLes Paulらしさを感じる設計です。

McCarty 58 1P-Mahogany Body Faded McCarty Sunburst 2010

Dragon

PRS初の22フレット・モデルであり、1991年-1992年に製作された「DRAGON SERIES I」、1993年に製作された「DRAGON SERIES II」、1994年に製作された「DRAGON SERIES III」、1999年に製作された「DRAGON 2000」があり、それぞれ台数限定で発売されました。

Dragon2000 Prototype

Modern EAGLE

2004年に発表されたPRSのフラッグシップモデルで、初代Modern EAGLEには今では希少になってしまったブラジリアンローズウッドを惜しげも無くネックと指板に採用しています。2009年にはModern EAGLE II、2010年にはModern EAGLE IIIとModern EAGLE IV Quattro、2020年にはModern EAGLE Vが発表されました。

Modern Eagle I Abalone 2004

Paul’s Guitar

2013年に発表されたPRSの創設者であるPaul Reed Smith氏自身の理想的なギターのデザインをし完成させたモデルです。一般的なハムバッカーと比べ幅の狭いナローピックアップのTCIを搭載し、2つのミニトグルスイッチによりそれぞれのピックアップを単独でコイルタップできるのが特徴です。

Paul’s Guitar Dirty Artist Grade Quilt Faded McCARTY Sunburst 2013

Standard(PRS)

トップにメイプルを貼らないオールマホガニーボディのモデルで1985年~1987年まで「PRS」というモデル名でしたが1987年に「Standard」と改称されました。

Standard 24 Brazilian Rosewood & Sweet Switch Black 1990

Santana

PRSの歴史において重要な人物であるギタリストCarlos Santanaのモデルです。Prefactory期からPRSを愛用しており、1999年~1997年に発売されたSANTANA II、2000年から発売された​SANTANA IIIがあります。

SANTANA 10Top Charcoal 2014

Silver Sky(Artist Model)

現代の三大ギタリストと称されるJohn Mayerとの共同開発により、シングルコイル・ピックアップ3基をマウントしたSilver Skyを2018年に発表しました。

John Mayer Signature Model Silver Sky Onyx 2018

その他のモデル

  • Artist I、Artist II、Artist III、Artist IV
  • 20th Anniversary Custom & McCarty
  • McCarty58、McCarty594、McCartyII、McCarty Korina、McCarty Al Di Meola
  • SC245、Singlecut、Singlecut245、P245、P24、Stripped58
  • 513、509
  • Signature
  • Studio
  • Swamp Ash Special
  • Hollowbody、HollowbodyII
  • Brushstroke
  • Paul’s Dirty 100

PRSを使うアーティスト

PRSのギターは今やスタンダードとも言えるブランドで世界中で愛用されています。その中でもPRSの存在には欠かせない使用アーティストをご紹介します。

  • Carlos Santana
  • Orianthi
  • John Mayer
  • Mark Tremonti
  • Al Di Meola
  • Martin Friedman
  • Brad Delson(Linkin Park)
  • Toru(ONE OK ROCK)
  • 彰(UVERworld)
  • 山本彩

PRSのアコギ、Amp、Bassのラインナップ

エレキギターにフォーカスしてPRSを紹介してきましたがピックアップ・ブリッジ・ペグなどのギターパーツはもちろん、アンプやベース、アコースティックギターもラインナップしており世界中で愛用されてます。

AMP

J-MOD 100

John Mayerとタッグを組んだアンプJ-MOD 100です。彼のソロ・ワークでのレコーディングやステージでもシームレスに使えるアンプを開発すること、それを目標に設計しました。考え抜かれたコントロール類の構成、非の打ち所のない造り、そして高品質パーツの採用など、最高にピュアで最高の音楽的表現力に溢れたアンプを体験したいプレイヤーにとって、その夢が完璧に叶うハイエンドのオーディオ・ギア=ギター・アンプ、それがJ-MOD 100です。

MT 15

PRSと長年愛用するMark Tremonti初のシグネチャー・アンプMT 15です。15w出力で小型なランチボックスアンプながらビッグで太いサウンドで、ヘヴィなリフから歌い上げるようなリード・トーンまで幅広く対応できます。レコーディングやトレーニング、ソングライティング、小規模スペースでのプレイなど、様々なシチュエーションで威力を発揮します。

Acoustics

  • SE A40E
  • SE A50E
  • SE A60E
  • SE T40E
  • SE P20
  • SE P20E

現在レギュラーラインではSE Seriesでのラインナップとなっています。トップの振動をより自由にするPRS独自の”X”/クラシカル・ハイブリッド・ブレイシングを採用し、Fishmanピックアップを搭載しています。PRSのOfficial SiteにはPrivate Stock Acousticsの欄もあり最高品質の木材を使用したオーダーが可能です。

Bass

Private Stock & Core Bass

ベーシストGary GraingerのSignature Modelがラインナップされています。

  • Grainger 4 String Bass
  • Grainger 5 String Bass

 

SE Bass

 

  • SE Kingfisher
  • SE Kestrel