PRSの始まりとPre Factory

Guitar
画像出典:PRS History

Fender、Gibsonに並ぶスタンダードなブランドであるPaul Reed Smith(PRS)。1985年に事業を開始しますが、創業者であるPaul Reed Smithはそれ以前からギター製作をしていました。会社設立以前に製作されたモデルは「Pre Factory」と呼ばれています。今やギターブランドとして世界的なスタンダードとされるPRSの歴史を見ていきましょう。

今だけの特別価格で買取強化中!必須項目はたったの3つ!

PRSの始まり

Paul Reed Smith氏は19歳の時ギター作りを始めました。お金をかけずにギターを手に入れることと、大学の教授からの良い成績を得る為始めたとのこと。はじめは2本のLes Paul Jr.タイプを製作しており、PRSのページで紹介されています。

Paul Reed Smith氏により製作されたLes Paul Jr.タイプ

PRS Guitars Blog:From The Archives: Paul Reed Smith’s First & Second Guitarsより引用

Gibson C/S、Fender C/Sを買取強化中!個人情報はメアドのみ!

Pre Factory

Paul Reed Smith氏は1975年から1984年にかけアナポリスのとある屋根裏部屋の工房でギターを製作していました。この時期に製作されたギターがいわゆるPre Factoryです。この頃は製作したギターはギタリストであったPaul Reed Smith氏本人のライブで使用されたり、地元のコンサートホールで演奏するミュージシャンに見せ、個別で製作していました。瞬く間にPRSユーザーは増えていき、楽器ディーラーからの受注が入るようになり1985年、事業としてPaul Reed Smithを設立しました。

安心&スピーディーな買取手続きでます!キャンセルもすべて無料です!

Pre Factoryの仕様

1985年までの基本仕様は

  • ヘッドストック:バック・アングル、両側に3個ずつのチューナー配置、表板なし
  • ネック:1ピース・マホガニー、レギュラー・シェイプ、セットネック
  • スケール:25インチ、24フレット
  • トラスロッド:シングル・アクション
  • 指板:254(10インチ)Rインディアン・ローズウッド
  • インレイ:マザーオブパール/アバロン・ムーン(バード・インレイはオプション)
  • ボディ(またはバック材):ソリッド・マホガニー
  • ピックアップ:Standard Treble、Standard Bass
  • トレモロ:PRSトレモロ・システム、Schaller/PRSロック・チューナー、低摩擦ナット

PRS Guitars :MODEL HISTORYより引用

当時はネックボディにはMahoganyが標準となっており、オプションとしてMaple Topが用意されています。

Carlos SantanaとPRS Pre Factory

PRSといえばギタリストCarlos Santanaが浮かびますが、彼はPre Factoryの時期からのPRSユーザーです。1980年の秋、24歳のPaul Reed Smithはコンサートの出番前のCarlos Santanaと舞台裏で会いました。その夜PRSのプロトタイプを試してもらい、Carlos Santanaからの注文を受けました。Carlos SantanaはボディトップにMapleをセレクトし、製作がはじまり1980年11月に納品されました。この後1995年にCARLOS SANTANA MODELとして販売され、マイナーチェンジを施しSANTANAモデルは製作されています。

Santanaモデル初年度の96年製Santana 1 Black Cherry